BIGLOBE会員サポートブログ

アクセスカウンタ

RSS 無線LAN活用術 その3:ゲーム機と無線LANで手軽にネットを楽しもう

<<   作成日時 : 2010/05/25 16:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

無線LANには、パソコンやプリンタなどだけではなく、ゲーム機や携帯端末、デジタル家電なども接続できます。ゲーム機を無線LANに接続できるように設定すれば、手軽にインターネットやデータ転送などを楽しめます。

ガク
こんにちは!ガクです。
前回、無線LANの初期設定とセキュリティ対策についてご紹介しました。
今回は応用編!みなさん、ゲームは好きですか?

無線LANの設定が完了したら、ニンテンドーDS Wii などのゲーム機も無線LANで接続してみよう。インターネットに接続すれば、ネットワークゲームを楽しんだりWebサイトにアクセスしたりできるようになるんだ。
たとえば、ニンテンドーDSなら、「ニンテンドーDSブラウザー」というソフトを使えば、Webサイトが見られるようになるよ。ニンテンドーDSは手軽に持ち運べるから、テレビを見ながらWebで情報をチェックしたり、寝る前に寝室でブログを書いたり、といった使い方もできるよ。
今回は、このニンテンドーDSブラウザーを使った無線LANの初期設定の流れを紹介していこう。

ニンテンドーDSで無線LAN接続するとこんなことができる!
ニンテンドーDSで無線LAN接続するとこんなことができる!
それぞれ対応ソフトが必要です。

■ニンテンドーDSの無線LAN設定をしよう

ニンテンドーDSシリーズは、無線LAN機能を内蔵していますが、Webサイトを見るには、「ニンテンドーDSブラウザー」というソフトウェアと、ソフトに付属している「メモリー拡張カートリッジ」が必要になります。
なお、DSとDS Liteとでパッケージが別なので、購入時に注意しましょう(DSiの場合、ブラウザーソフトウェアは本体に内蔵または無償で提供されています)。
今回は、DS Liteを例に紹介します。

1.
ニンテンドーDSブラウザーとメモリー拡張カートリッジをDS本体にセットして起動します。初めてニンテンドーDSブラウザーを起動したときには、「Wi-Fiコネクション設定」画面が表示されますので、「Wi-Fi接続先設定」をタッチします。



2.「Wi-Fi接続先設定」画面が表示されたら、「接続先1〜3」のいずれかを選択します。

3.
接続先の設定を行う画面に切り替わります。設定方法は4種類あります。
お手元の環境にあった設定方法を選んで、ボタンをタッチしてください。

接続先の設定画面


●アクセスポイントを検索
近くの親機を自動的に探し、見つかった親機に接続するための設定を行います。
親機が暗号化機能を利用している場合、暗号化通信を行うためのパスワードである「WEPキー」が必要です。WEPキーは親機ごとに設定されているので、親機の設定を確認してください(Aterm8700Nの場合、初期設定されているWEPキーは本体側面に記載されています。また、親機の設定ページから確認・変更できます)。

●AOSS、らくらく無線スタート
親機が「AOSS」または「らくらく無線スタート」に対応している場合は、自動で無線LANの初期設定が行えます。
ボタンをタッチした後、親機を操作(親機側のAOSSまたはらくらく無線スタートの開始ボタンを押しながら電源を入れる、など)するだけで、必要な設定がすべて行われるので非常に簡単です。

●手動
親機のネットワーク名(SSID)、WEPキーなど、無線LANの設定をすべて自分で入力します。専門的な知識が必要になるので、通常はほかの方法を選びましょう。


以上で初期設定は完了です。
設定画面を閉じると自動的にスタートページが表示されるので、パソコンのブラウザのように利用してください。
ネットワーク接続画面

パソコンとゲーム機を無線LANで接続したら、次はプリンタも無線化してみよう。プリンタを無線LANで接続できるようにすると、プリンタをリビングに置いて家族でシェアしたり、携帯端末から印刷したり、といった使い方ができるようになるんだ。最近のプリンタには、最初から無線LAN機能が内蔵されているものも登場しているけど、以前に買ったプリンタでも、「プリントサーバ」という機器を使えば無線LAN機能を追加できる場合もあるよ。
次回はプリンタを無線LAN化する基本的な方法を紹介するね。


テーマ

【おすすめ 新着記事】

月別リンク