BIGLOBE会員サポートブログ

アクセスカウンタ

RSS トラブルから身を守る!押さえておきたいインターネットの常識クイズ

<<   作成日時 : 2012/06/01 11:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

インターネットを利用している時、「ウイルスが密かに侵入していないか」「パスワードが外部にもれていないか」など、漠然と不安を感じることってありませんか?インターネットを安心して利用するためにはきちんと知識を身に付け、身を守る必要があります。そこで、最低限知っておきたいポイントをクイズ形式で紹介します。

ちぇりーみなさんこんにちは!
インターネット&パソコン活用マガジン『サーイ・イサラ』編集部員の ちぇりー です。
最近友人から「インターネットでトラブルに巻き込まれるケースが増えているらしいけど、どう注意したらいい?」と聞かれたのですが、うまく答えられなかったんです。
かんだた
同じく編集部員の かんだた です。
楽しくて便利なインターネットだけど、どんな危険性があってどう対処すべきか知らないと、トラブルに巻き込まれたりその被害が拡大してしまう可能性があるんだ。セキュリティソフト任せではなく、自分で責任を持って知識を持ち、対策を取らないといけないね。
ちぇりー
なるほど、自分の身は自分で守らないといけないんですね。
具体的にどんなことに気を付けたらいいでしょうか。
かんだた
じゃあこれから、インターネットを利用する上で最低限押さえておきたいポイントをクイズ形式で紹介するから、× で答えてみよう!

パソコンの安全はセキュリティソフトを入れれば大丈夫

<解答>

<解説>
パソコンのセキュリティは、セキュリティソフトを使っていれば大丈夫だと思いがちですが、Windows Updateウィンドウズアップデート)と、セキュリティソフト導入の両方が必要です。
セキュリティソフトは、ウイルスや危険なサイトへのアクセスなどの脅威を検知・ブロックするものですが、Windows Updateは、「Windows 7」などのOS(オペレーティングシステム)を最新に保ち、新たに発見されたOSの不具合や、セキュリティ上の欠陥などを修正するものです。
セキュリティ強化のため、自動でアップデートする設定を行いましょう。
  ウイルス感染を防ぐ!Windows Updateでパソコンを最新の状態にしよう


セキュリティソフトの有効期限切れの表示が出たが、使えているようなので問題ない

<解答>

<解説>
一般的な市販のセキュリティソフトや、パソコンを購入したときにインストールされている無料体験版のセキュリティソフトには、有効期限があります。
セキュリティソフトは、日々増加する新種のウイルスを検出するために「ウイルス定義ファイル」を毎回更新しています。期限が切れてしまうと「ウイルス定義ファイル」が更新されないため、見た目はウイルスチェックの動作をしていても、新種のウイルスなどを検出できずに感染してしまう恐れがあります。
有効期限切れのソフトを使い続けることは、大変危険です。有効期限を確認し、速やかに更新・購入を行いましょう。

●セキュリティソフトの選び方
セキュリティソフトは、機能を確認し、目的・用途にあったソフトを導入しましょう。
ウイルス駆除だけでなく、個人情報の盗難や詐欺サイトへのアクセスなど、さまざまな危険を防ぐものがおすすめです。無料のものもありますが、「ウイルス対策限定」など、機能を絞ったものが多いので注意しましょう。

目的・用途に合わせてソフトを導入しよう
製品名ノートン インターネットセキュリティ 2012カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティおすすめ
セキュリティセット・プレミアム
提供元シマンテックカスペルスキーBIGLOBE
価格6,480円(税込)/1年パッケージ版:7,140円(税込)/1年
ダウンロード版:6,279円(税込)/1年
399円(税込)/月
1年で4,788円
こんな人に
おすすめ
子どもがアクセスするサイトを追跡し、不適切なサイトを遮断する機能などを搭載。子どもと一緒にインターネットを使う人に。Windows、Macintosh、Androidの3つのOSに対応し、3台で使えるため「Macやスマートフォンも愛用中」という人に。サーバ側でもウイルスをブロック。月額制なので、忘れがちな年間の更新手続きが不要。便利かつ安全に使いたい人に。
有効期限1年1年なし(自動更新)

ちぇりー
OSのアップデートは特に意識していませんでしたが、弱点を修正した最新のOSに更新することなんですね。セキュリティソフトだけに頼らず、忘れずにアップデートしないと!
かんだた
では、次の問題は「パスワード」についてだよ。

パスワードを忘れると困るので、なるべく覚えやすいワードにしたほうがいい

<解答>

<解説>
名前や誕生日をパスワードにするのは御法度。これらは、特別親しくなくても知ることができる情報です。身近な情報を元にパスワードを特定され、悪用される可能性も考えられます。また、アンダーバー( _ )やシャープ(#)などの記号や数字を含まず、アルファベットだけのパスワードは、文字列を解析するツールなどを使うと簡単に特定されてしまうことが知られています。パスワードは下記の要素を踏まえて設定すると、安全度がアップします。

 ・名前や誕生日に関連したワードは避ける
 ・英文字(大文字と小文字)、数字、記号を混ぜる
 ・なるべく長めの文字数にする


 例) satou-abcd   → ×
    i&sA5_r7a!saa2i → ○


パスワードはサービスごとに全て異なるパスワードを使っている

<解答>

<解説>
同じパスワードで統一するのは、例えばクレジットカードや家の鍵、印鑑などを1つにまとめておくようなもの。1つパスワードが特定されると、他のサービスまで不正利用され、被害が拡大する恐れがあります。パスワードはサービスごとに別のものを使いましょう。

また、複雑なパスワードが増えても混乱しないように、セキュリティ機能が付いたソフトを使って管理するのもよいでしょう。
おすすめソフト
  ロボフォーム
パスワードの一括管理が可能なパソコン用ソフトで、無料版と有料版があります。無料版でも強力な暗号化機能を搭載しているので安心です。

ちぇりー
パスワードは頻繁に入力するので覚えやすいものに設定していましたが、複雑なものに変更しようと思います。パスワード管理ソフトを使えば自分で覚えておく必要もないので、ぜひ使いたいですね。
かんだた
よし、じゃあ次は、困っている人も多い「迷惑メール」について。
ちゃんと答えられるかな?

セキュリティソフトを導入していれば、危険な迷惑メールは届かない

<解答>

<解説>
迷惑メールを自動で隔離してくれるセキュリティソフトもありますが、全てブロックできるとは限りません。覚えのない相手からのメールや、不審なファイルが添付されているメールは、うかつに開いたり、返信しないように注意しましょう。


プロバイダからメールが届き、ユーザIDとパスワードを聞かれたので、すぐに書いて返信した

<解答>

<解説>
プロバイダやサービス事業者からの連絡を装った、非常にたちの悪いメールも出回っているので注意しましょう。
プロバイダが利用者にメールで直接パスワードを聞くなどということはありません。そうしたメールに対して絶対にIDやパスワードなどを書いて返信してはいけません。
そのようなメールが届いたら、きちんと業者の連絡先を調べて、「メールを送ったかどうか」を、メールとは別の電話などの方法で問い合わせましょう。
※メールに記載されている連絡先に直接問い合わせするのは、悪質な業者のターゲットになる可能性があり危険です。

かんだた
どうかな?間違えた問題は 解説 をしっかりチェックしておこう。
それでは最後、SNSを利用する際のルールについてだよ。人気のSNS・Facebook(フェイスブック)での問題だ。

友達から面白いFacebookアプリを勧められたので、迷わず“利用を許可する”を選択した

<解答>

<解説>
Facebookには心理テストやゲームなどの楽しいアプリがありますが、「スパムアプリ」といって「利用を許可する」を選択してしまうと勝手に友達へ書き込みを投稿したり、アプリの管理者に個人情報を流したりするものもあります。友達からの書き込みだと思っても、スパムアプリが自動で投稿している可能性があるので注意。何か不審に思うコメントがあった時は、「自分宛に書き込みをしたかどうか」、友達にメッセージを送るなどして確認しましょう。
アプリ利用の注意


自分で撮った写真は、誰が写っていても自由に掲載してよい

<解答>

<解説>
トラブル防止のため、一緒に写っている人にもネット掲載の許可をもらいましょう。
また、写真の「公開範囲」にも注意が必要です。Facebookの「友達」を通して知らない人に見られることもあるため、自分だけでなく一緒に写っている人のプライバシーも考慮することがマナーです。


自宅の庭で撮った花の写真なら、悪用される心配は全くない

<解答>

<解説>
花の写真なら人も写ってないし大丈夫…と思いがちですが、ちょっと待って!
GPS機能を搭載したデジカメやスマートフォンで撮影した写真に「ジオタグ」という位置情報(緯度と経度)が埋め込まれていると、どこで撮られた写真なのかがわかってしまいます。
例えば、自宅の前で撮影した写真などを公開したら、不特定多数の人に住所を教えてしまうようなものです。SNSなどで公開したいなら、写真を撮る際にデジカメやスマートフォンの設定で「位置情報を付ける」機能をオフにしましょう。
写真の掲載にはGPS情報にも注意
イラスト:渡辺コージ

ちぇりー
SNSは友達とのコミュニケーションが楽しくて、ついインターネット上の世界だってことを忘れてしまいがちですけど、「不特定多数の人が見ている」という意識は必要ですね。
かんだた
そうだね。インターネットを利用している以上、ウイルスなどの見えない外敵や不特定多数の人の存在は無視できない。ここで紹介したような最低限の知識・マナーは身に付けておこう。そうすれば必要以上に怖がることもなく、安心して快適なインターネットライフが送れるよ!
ちぇりー
よくわかりました、ありがとうございました。
そうだ、このページをFacebookに「いいね!」して早速友人にも教えてあげたいと思います。

もっと詳しく知りたい方は

イサラ6月号の特集「安心&快適に使うためのインターネット 6つのポイント」を参考にしてみてください。「セキュリティ」「パスワード」「メール」「ネットショッピング」「SNS」「子供とインターネット」の6つのテーマに絞り、インターネットを安心して快適に使うためのノウハウを紹介しています。最低限のポイントを押さえ、心おきなく楽しみましょう。
くわしくはこちら

テーマ

【おすすめ 新着記事】

月別リンク