BIGLOBE会員サポートブログ

アクセスカウンタ

RSS なんでも記録! 『Evernote』をもっと便利に使う方法

<<   作成日時 : 2012/07/18 14:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「最近、なんだか忘れっぽくなった気がする」情報過多の現代の中で、自分の記憶力だけに頼る必要はありません。今回は、無料で利用できる便利なウェブサービス『Evernote』をさらにうまく使うコツを紹介しましょう。紹介する方法を今日から実践すれば、大事なことを忘れてしまう心配もありません!

ちぇりーみなさんこんにちは!
インターネット&パソコン活用マガジン『サーイ・イサラ』編集部員の ちぇりー です。
イサラ編集部では、常に最新の情報をみなさんにお届けするため、日々あわただしく取材・制作をしています。でも、忙しい中でついつい“忘れっぽく”なってしまうことがあるんですよね〜。

かんだた
同じく編集部員の かんだた です。
一般的な人間の記憶力は限界があるよね。せっかく思いついたアイデアを忘れてしまって、悔しい思いをすることも……。仕事のことに限らず、出先で買おうと思っていたものを思い出せず、帰ってから思い出した…といった経験があるんじゃないかな? そんな人には『Evernoteエバーノート)』というサービスをオススメしたい! 無料で利用できるウェブサービスで、忘れっぽい人はもちろん、キッチリと情報を管理したい人に最適なサービスなんだ。

『Evernote』とは?

  Evernote

『Evernote』は、テキストを始め、画像、PDF、音声ファイルなど、さまざまなデータをアップロードして管理することができるサービス。パソコンのほか、スマートフォン、タブレット端末などからも利用できます。基本的な利用は無料で、登録すると1カ月あたり60MBまでデータをアップロード可能。『Evernote』内で文書を作成することができるので、簡単なメモ書きができて便利です。

Evernote画面

『Evernote』の詳しい使い方については、こちらをご覧ください。
  “メモ”で生活を快適にする!『Evernote』活用術

ちぇりー
なるほど〜! ウェブ上で管理できる「メモ帳」のようなものなんですね。これなら難しい操作などをせずに使えるから、ちょっとしたことも気軽にメモできそうです♪
かんだた
気に入ってもらえたようだね! それじゃあ、『Evernote』初心者のちぇりーさんに便利な活用方法を紹介しようか。

『Evernote』の賢い使い方

●メールでサクサク投稿しよう!
『Evernote』は、クライアントソフト(スマートフォン、タブレット端末ではアプリ)やブラウザからアクセスして利用することができます。しかし、いちいちソフトを起動して投稿するのが面倒だと感じたら、ケータイやスマートフォンから「メール」で投稿するのが手軽です。
わざわざソフトを起動しなくても、特定のメールアドレスにメールを送れば、自動的にメール本文がテキストとしてアップロードされます。写真や音声も添付して送信できます。

メール投稿用のメールアドレスは、アカウント情報を確認できる画面(ブラウザ版では、画面右上のアカウント名をクリックして「設定」を選択)の、「ノートをメールで送信」の項目に記載されています。

Evernote メールでデータアップロード
メールでの送信なら、ケータイからでも簡単にアップロードできます。


●気になるウェブページはEvernoteでクリップ
「気になるウェブページを見つけたけど、今は見る時間がない…」「一度見たページを忘れないように残しておきたい」と思ったら、『Evernote』の「クリップ」機能を使いましょう。期間が過ぎてしまうと削除されてしまうニュースページや、あとで見直したいレシピページなどで使うと便利です。

クリップ機能は、ウェブページを画面に表示されているままノート(ファイル)として保存し、『Evernote』上でいつでも見ることができる機能です。該当ページのURLを編集画面上にコピーして読み込む方法のほかに、今使っているブラウザにクリップ機能のボタンを追加することもできます。
  Evernote Web クリッパー

Windows版のクライアントをインストールした場合は、自動でInternet Explorerにクリップ機能が追加されます。それ以外のブラウザを利用している場合は、上記のアドレスからダウンロードしてインストールしましょう。


●Evernoteで書類、名刺、ハガキなどを一括管理
『Evernote』の便利な機能の1つに「タグ」があります。タグとは、分類用に付ける文字列のことで、「買い物メモ」「備忘録」といったようにファイルの内容を表すタグを設定しておけば、すぐに目的のファイルを見つけることができます。

また、『Evernote』では文字を入力するのが面倒な時に、便利な機能があります。「OCR」という機能が備わっているので、写真やウェブページの文字や手書きの文字をデータとして読み取ることができます。
画像内の文字を検索することができるので、例えばハガキや名刺などを、スキャンで取り込んだり、写真に撮ってアップロードすれば、簡単にデータベースとしても管理することができます。

Evernote 画像内の文字も読み取れる
ウェブページに画像として挿入されている文字なども、テキストと同じように検索できます。

ちぇりー
使い方次第で、ただのメモ帳としてだけではない、賢い使い方ができるんですね! 「メールでアップロード」「クリップ機能」、早速使ってみたいと思います。まずはさっきウェブサイトで見つけた今晩のおかずのレシピを、サクッとアップロードしてみようかな〜♪
かんだた
サービスは使い方次第でもっと便利になるんだ。提供されている機能をうまく使いこなして、自分の生活に役立ててみよう。

もっと詳しく知りたい方は

かんだた
サーイ・イサラ』7月号の特集「“ネットに保存”でどこにいても使える! みんなで使える! オンラインストレージ活用術」を参考にしてみてください。
ここで紹介している『Evernote』のほか、『Dropbox(ドロップボックス)』などオンラインストレージと呼ばれるサービスの便利な活用方法を紹介しています。単にデータをアップロード、ダウンロードするだけでなく、より賢い使い方をいくつも紹介しているので、そちらもぜひご覧ください。

くわしくはこちら

テーマ

【おすすめ 新着記事】

月別リンク