BIGLOBE会員サポートブログ

アクセスカウンタ

RSS 便利なウェブサービスで、写真がもっと楽しくなる!

<<   作成日時 : 2013/01/07 10:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

デジカメで撮影した写真、撮りっぱなしになっていませんか? 肝心なのは“撮影したあと”。ぜひインターネットを使って写真を公開・観賞してみましょう。手軽に写真を公開できるサービスや、ウェブ上から注文して写真集を作れるサービスなどで、写真を120%活用するテクニックをご紹介します。

イリアみなさんこんにちは!
インターネット&パソコン活用マガジン『サーイ・イサラ』編集部員の イリア です。
年末年始はイベントが多い時期ですね。私は、気になる風景やおいしい料理などをよく撮影するのですが、撮っただけで満足して、デジカメからパソコンにコピーしたまま、放置してしまうことがほとんど。なんかもったいない気がしているのですが…。

かんだた
同じく『サーイ・イサラ』編集部員の かんだた です。
それなら、ウェブサービスを使って写真を公開してみてはどうかな?ウェブ上に公開すれば、友達に見てもらうのも簡単。写真の感想を一緒に投稿できたり、友達からコメントがもらえたりするから、もっとたくさん撮りたくなるはず!
最初に、ウェブサービスを使った写真の公開方法を紹介しよう。

写真をウェブ上に公開しよう!

 PHOTOHITO(登録無料)

PHOTOHITOは、写真投稿に特化した、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。PHOTOHITOに写真をアップロードすると、それを見た人からコメントがもらえたり、写真を気に入ってくれた人からお気に入りとして投票されたりします。自分の撮った写真が評価してもらえるのはとても嬉しいもの。公開範囲を選べるので安心です。

●PHOTOHITOで写真を公開する

1.最初に、PHOTOHITOに会員登録(無料)します。画面右上の「新規登録」から、IDを取得しましょう。(※登録には、「価格.com」のIDが必要です。)


PHOTOHITO 1


2.メールアドレスや任意のパスワードなど、必要な情報を記入し、画面の指示に従って「仮登録」を行います。入力したメールアドレス宛に、「本登録」用のURLがメールで送られてくるので、そのURLから本登録を済ませましょう。
本登録が済むと、「マイページ」へ移動できるようになります。


PHOTOHITO 2


3.「マイページ」で「アップロード」をクリックして、写真をアップロードします。
写真は一度に10枚までアップロード可能です。写真を選択したら、タイトルや説明を書き込み、公開場所を選択します。
最後に、画面下にある「写真をアップロード」をクリックしましょう。


PHOTOHITO 3


4.アップロードが完了したら、「写真一覧」をクリックしてみましょう。写真が公開されているのがわかります。


PHOTOHITO 4


5.写真のURLを友達に教えれば、写真を見てもらうことができます。友達とPHOTOHITOを通じて写真を見せ合い、コメントを書き込んでコミュニケーションをとってみましょう。


PHOTOHITO 5


ほかにも、PHOTOHITOでは、「カメラごと」や「レンズごと」に写真を検索する機能があります。
例えば、自分と同じデジカメで撮った写真や、欲しいと思っているレンズで撮った写真などを検索できるので、参考になります。同じデジカメで写真を撮った人とはコミュニケーションも取りやすいはず。
さまざまな人の写真を見たり、コメントを書き込んだりして楽しみましょう。友達の輪を広げれば、写真の楽しみもより一層広がります。

PHOTOHITO 6

かんだた
写真を公開できるSNSは、ほかにも、有名なFacebookや、mixiがあるけど、ここで紹介したPHOTOHITOは、写真に特化したSNSなんだよ。とてもキレイな写真や、撮り方の上手な写真をアップロードしている人が多くて、見ているだけでも「こんな写真を撮ってみたい」と意欲がわいてくるんだ。
続いて、写真をウェブ上にアップロードして、手軽に本が作れるサービスを紹介するよ。

お気に入りの写真で、記念にオリジナル写真集を作ろう


 Photoback(フォトバック)

デジカメで撮った写真をウェブ上にアップロードし簡単な編集を行うだけで、素敵な本となって自宅に届きます。一緒に旅行に行った友達へのプレゼントや、子供の成長記録などに最適です。

●Photobackで本を作成する

1.最初に会員登録(無料)を行い、メールアドレスと任意のパスワードを登録します。Photobackにログインすると、本の大きさやページ数を選ぶ画面が表示されるので、好みのものを選びます。


Photoback 1


2.編集画面で写真をアップロードし、テンプレートの中から好みのページレイアウトを選択します。写真にまつわるエピソードやメッセージなど、自由に書き込めるようになっているので、書体や文字の大きさを選び、入力していきましょう。
画面上に表示された本は、簡単な操作で写真を入れ替えたりページを入れ替えたりできるので、アナログ感覚で楽しみながら作業できます。


Photoback 2


3.全ページの編集作業が完了したら、注文画面で配送と支払の手続きを行いましょう。自分の写真が一冊の本となって、手元に届きます。


Photoback 3

ほかにも同じように、撮った写真から本が作れる「フォトブック」というサービスがあります。
「フォトブック」を使って実際に本を作った様子を紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。
 パソコン故障時も安心! お気に入り写真を手堅く保存する方法「フォトブック」

イリア
インターネットで簡単に写真の公開や本の作成ができるんですね。これだったら私にもできそうです。

かんだた
写真を公開すれば、感想がもらえることがあるから刺激になるよ! 本の作成サービスも意外とお手頃価格で、自宅で手軽に作業できるのでオススメ。このようにウェブサービスを使って撮影した写真を活かせば、もっともっと、撮影や写真が好きになっていくよね。


かんだたサーイ・イサラ』12月号の特集では、『あなたの愛機、時代遅れになっていませんか?最新デジカメの選び方・楽しみ方』と題して、最新デジカメの選び方や写真の活用法を紹介。上記のサービスのほか、デジカメから直接スマートフォンやタブレットに画像を送れるWi-Fi対応メモリーカードや、大量の写真をアップロードして遠方の親戚や友人と共有できるサービスをご紹介。プロカメラマンがチョイスした最新デジカメカタログも要チェックです!

くわしくはこちら

テーマ

【おすすめ 新着記事】

月別リンク